就活で失敗する理系大学生の特徴

新卒就職活動

 

理系男子のみなさん、理系大学生(大学院含む)の就活は結構大変ですよー。

特に理系だと研究室に配属されるから、研究と両立しながら就活もするって結構大変なんですよね。

研究室の教授や准教授が就活に理解がある方ならまだマシですが、一度もサラリーマン経験の無い教授陣はホンマに融通が利きません。

そういう研究室に配属された理系男子は本当に苦労します。

要するに理系の就活では明暗がハッキリわかれるわけです。

大手の一流メーカーの研究職や技術職に内定をもらえるやつもいれば、いつまでたっても内定が出ずに最終的には名も無き三流メーカーに流れ着くやつまで色々です。

とは言え、これまで頑張って受験戦争だって突破してきたんだし、文系男子がチャラついて遊んでいる間にも勉強や研究に励んできたんだから、バチッと大企業に内定貰いたいですよね。

そこでこの記事では、就活で失敗する理系大学生(大学院生)の特徴について記述していきます。

私は理系の某大学院卒業で、就活時には6内定をゲットした実績があり、現在は製薬メーカーの研究職に就いています。その立場から思ったことを伝えていきますのでよろしくお願いします。

うちの研究室は、就活をあんまりやらせてくれないからって言う人

 

まずはこちらです。

自分が所属している研究室のルールを気にしすぎている人は失敗します。確かに、就活にあまり理解がない教授や助教は存在しているんですよ。

彼らってずっとアカデミーでやってきてるから、就活とかサラリーマン生活をした経験が無いんですよね。だから就活に理解を示さない人が多いです。

「学生の本業は勉学だろう。いいから研究しなさい」みたいに口うるさく言う教授も多いですよね。実は私が大学院時代に所属していた研究室の教授もそんな人でした。

私以外にも同学年で就活してた人は4人居ましたが、みんな結構教授の顔色を伺ってビビッてたんですよ。

「好き勝手に就活して研究が疎かになるのもヤバいしな・・」

「教授に嫌われたら卒業させてもらえないのも困るしな」

とにかくそんな心配ばかりしてましたよ。

私に言わせれば、なんでそんなことを心配している暇があるのか疑問でしたよ。

教授との関係なんて卒業すれば終わりですよ(言い方悪いですが)。

就職活動って今後数十年働く会社を決めるわけですよ。会社の条件によっては年収だって大きく変わるし、福利厚生、家賃補助だってそうです。

この先の人生の生活レベルが大きく変わる、それを左右しているのが半年くらいしかない就活期間なわけですよ。

それなのに教授の顔色何て気にしている暇はありません。

本当に最低限、留年しないくらいの研究をして、講義に出席していればいいんですよ。

研究や講義を言い訳にして就活から手を抜いてませんか?本当に後悔しますよ、今後40年の生活がかかってると思えばもっと本気になれるでしょう。

おすすめ書籍


絶対内定2020 エントリーシート・履歴書


絶対内定2020 面接

理系は推薦で内定もらうものって思い込んでいる人

 

これもかなり居るので気を付けてくださいね。

確かに理系の大学って推薦が来るんですよ。

私の通っていた旧帝クラスはもちろん、だいたいの大学の理系は推薦があるでしょう。

推薦を使えば内定がでる可能性も高いでしょう。中にはほぼ100%と言っていいくらい内定がもらえる推薦枠もありますよね。

ただし、推薦で落ちる場合も結構あります。しかも結果が出るまで長びかされて最終的に落とされるパターンは最悪ですね。

こっちからしたら内定が出るものだと思い込んで他の会社にエントリーしてなかったなんていうのはよくある話です。

しかもその時には他社のエントリー期間は過ぎていて、エントリーできる会社はイマイチなところしか残っていないというパターンです。

推薦で内定をもらったら、基本的にそこの会社に行く必要がありますよね。

それは理解してます。ただ、他の会社も保険としてエントリーして面接とかに進んでいた方がいいですよ。

推薦で受けた会社に落ちたときの保険ってことです。就活中はそういう風に、何社も並行して受けて保険を掛けておくことは重要ですよ。

「俺は研究職しか受けるつもりないから」と言って業種を絞り込みすぎる人

 

業種を絞り込む人は注意してくださいね。研究職ばかり絞ってエントリーして、それでも落ちまくる話はよく聞きました。

落ちまくって持ち駒が無くなった時には、他社のエントリーは終了していることも多いです。

「あと2か月前に戻れたら生産技術職も受けてたのにな・・・」

そんなことを言っても後悔先立たずです。

特に研究職って倍率も高いから、簡単には内定が出ません。

そんなところに絞ってエントリーするのはリスクが高いです。

会社によっては最初に生産技術で採用されたのに、途中から研究職に変われたりすることもあります。

どうしても研究職に就きたいのであれば、そういうルートも考慮に入れておきましょう。

とは言え就活っていきなり始まって、説明会、ES提出、面接とやることが盛りだくさんですよね。

それと並行して大学での研究や、講義も受けたりと大忙しなのはよくわかります。

馴染みがないと思いますが、就活エージェントって知ってますか?

おすすめ書籍


絶対内定2020 エントリーシート・履歴書


絶対内定2020 面接

就活エージェントを知ろう

 

転職エージェントは時々耳にする言葉かもしれませんが、就活をサポートしてくれる就活エージェントってのもあるんです。

あまり知っている人が居ないから穴場になっていますが、私も使っていました。

ちなみに学生は最初から最後まで使えます。

内定先が決まったら、就活エージェントはそこの会社から報酬を貰える仕組みになっているので、学生の負担は一切ありません。

・エントリーシート(ES)の書き方サポート、添削

・面接のコツ、受け答えの仕方

・希望に沿った会社のリサーチ

などなど、手厚くサポートしてくれるので使わない手は無いと思っています。

就活って右も左もわからないのにいきなり始まるし、1人で色々と進めるには心の負担も大きいですよね。自分のESの書き方や面接の受け答えの仕方が正しいのかなんて指摘してもらえる機会も無いし。

私も就活エージェント無しでは、ここまでの就活実績も出せなかったと思っています。

コメント