【就活】面接の自己アピールのコツは、筋道を通して貢献に焦点を当てること!

新卒就職活動

 

就活の中で最も苦労する人が多いのは、いわずもがな面接です。

就活の選考ではは大きく以下のステップに分かれますよね。

ES提出➡SPIなどのテストを受ける➡面接

ESに関しては準備してしっかり仕込むことができます.。SPIに関してもある程度勉強することで頻出パターンに慣れてきます。

面接に関してもコツさえ押さえておけば、サクサク通ることは可能なんです。

ちゃんと就活の面接の練習ってしてますか?

人事担当者が何を基準に就活生を選んでるか知っていますか?

面接官との相性だと思ってませんか?

面接官も採用活動を仕事でやっているわけですよ。フィーリングで良さそうな学生を選んできているわけではありません。

ちゃんと人事部で選考プロトコール(手順書)を作って、それに従って学生を選んでいるわけです。

人事担当の気持ちをわかってあげれば、面接は通る

 

人事部の仕事は、「ウチの会社に貢献できる学生、会社にとって有益な学生を採用して来ること」なんです。

そんでもって、人事担当者も上司に「~の理由でこの学生を採用しました」っていう報告もしなければなりませんから、あなたを採用する明確な理由も必要なんです。

つまり、学生は「私は御社の役に立ちますよ、貢献できますから採った方がいいですよ」というスタンスで話を進めなければなりません。

これが大前提です。

これを忘れている、もしくは知らない就活生が多すぎます。天と地の差です。

これを知らない学生は、志望理由で

「私は御社の製品が昔から好きで、私もそんな会社で働きたくて~」とか

「社風に共感し、私もそんな環境で働けたらなと~」

「私は大学では○○を専攻しており、その分野と御社がマッチすると思い~」

こういう風なことを述べてしまうんです。

これって全部、就活生の目線じゃないですか?

人事が知りたいのは、「で、あなたを採用するメリットは何なの?どういう点でウチの会社に貢献できるの?」ってところなんですよ。

先ほども言ったように人事担当者は仕事で採用活動をやってるんです。仕事ということは、もちろん上司にも報告が必要です。

「この学生を採用したのは、~~な点でウチに貢献できる学生、有益な学生だと判断したからです」っていう風に上司に報告するわけです。

その理由にならないような学生は採用しません。だって、そんな学生を採用したところで上司に上手く報告できないですし、自分の評価が下がるのも嫌ですから。

だから少々見栄を張ってでも、「私は~ことができるので御社の○○を▲▲するのに貢献できます。実際に、これまでも大学の選考では××を学んできており、学会賞も受賞しているので信ぴょう性があると思います」

このように、自分のやってきたことが御社のメリットに繋がりますよ、だから私を採用しないと損しますよっていう風な論調で面接を進めていくわけです。

ファンは要らない。必要なのはプレーヤーである

 

先ほどダメな例に出した、

「私は御社の製品が昔から好きで、私もそんな会社で働きたくて~」とか

「社風に共感し、私もそんな環境で働けたらなと~」

これって受けている会社のファン目線の発言じゃないですか。

会社はファンを募集してるんじゃないんですよ、会社に貢献できるプレーヤーを募集してるんです。それが採用活動の本質です。

例を出しますね。

「私はこれまで、バイオ技術の研究を行ってきました。今御社はバイオ医薬品の分野に力を入れており、その中での課題は○○だと存じております。私が研究室で培ってきた~~という研究の知見を活かせば、御社が抱えている○○という課題も解決できます。そのような意味で、私は御社にとって有益です。」

ちょっと極端な理系の例ですが、こういうイメージを持ってください。

自分がこれまでやてきたことが御社の役に立ちますよ、っていうことを伝えるのが面接の場であり、自己アピールの本質です。

文系の就活生でも同じでです。

「私は理系じゃないし研究もやってないから、特別に貢献できることなんてないよ~」

って思うかもしれませんが、もっと一般的な社会人スキルを売りにしたっていいんです。

ざっと考えると、

「私はフットボールサークルの岐阜県大会で4位になりました。そこに至るまでには、チーム内で○○な問題があって分裂危機になったこともありました。そこで私は周囲に~~なように働きかけ結果的に乗り越える事ができました。この経験から培ったスキルは御社に入社してからも、マネジメントスキルという点で間違いなく貢献できます。」

実績はどうでもいいです、1位でも5位でも構いません。人事が見ているのは、そこに至るまでのプロセスで、あなたが何を考え、周りに何を働きかけ、結果をどう受けとめているのか、そして次にどう活かそうとしているのか、その姿勢を見ています。

たまに全国大会優勝を押しにしているゴリゴリの体育会系も見かけますが、実績だけで採用される時代はおわりました。実績は全国1位でも、そこに至るまでの思考プロセスがしっかりしていない学生は採りません。

大切なことは、あなたが今までやってきたことと、会社へのメリットを結び付ける事です。

面接のときには常にそれを意識して話すようにするだけで、面接通過率は目に見えて変わりますよ。

コメント