部署の課長(上司)がウザい!そんな時のおすすめ対策法3選

転職コラム

 

サラリーマンをやっていると、自分の上司というのは必ず存在します。特にまだ平社員の時は直属の課長に色々と指示されてウザいことも多いですよね。私もそうでした。

 

・何で俺だけこんなに仕事が多いんだ?

・部長に対してイエスマンすぎるだろ

・人員が足りないのに仕事量は多すぎ

 

サラリーマンだから我慢しないといけない事は多いとわかっています。

それでも毎日指示されて雑用も多いし、たまには課長を黙らせてやりたいものです。

そんな時のオススメ対策法を3つ紹介しますので、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

嫌味とか言い方がウザい上司への対策

 

どうしても言い方がムカつく上司っていますよね。上司も上から色々言われてるだろうからストレスも溜まってると思いますが、それでもイラつくものはイラつきます。

 

そんな時はこっちも強く言い返しましょう。

あなたはいつもイエスマンになってませんか?

 

「何でもいう事を聞く奴、反抗してこない奴」のレッテルを貼られると、上司はつけあがって調子に乗り始めます。それでちょっとくらい強く行ってもいいだろうとか考えてるんですよ。

 

そんな上司には強く言い返してやりましょう。たまには上司を論破してやるのです。

 

ただしその後あなたが会社にいづらくなるのも困りますので、ちょっとだけ強めに言い返すのです。

 

そうすることで、

 

・ちょっと日頃のストレスがスッキリする

・上司に「こいつも強く言い返してくるんだな」っていう印象を持たせることで、その

後の上司からの当りが少し弱くなります

 

上司とはいえ、「都合の良い部下、何を言っても言い返さない奴」と思われたら損します。

 

時にはトゲを見せましょう。

 

部下の手柄を自分の手柄のように言う上司への対策

 

この手の上司はどこの会社にもいます。

 

実際に成果を上げたのは部下なのに、それを自分が全て上手くやったかのように上に報告するんですよね。

 

上の人からしたら、誰の成果かまでは詳細に把握することができません。それをいいように自分の成果にすり替える上司は本当にムカつくものです。

 

実際に、あなたが頑張ったことをちゃんと見ているひとは必ずいます。だからそういう嘘つき上司はだんだん人望を無くしていきます。

 

そして、あなたが出した成果が上の人の耳に入る時も、いずれ来るんです。これは私の経験上ですが、どんだけ嘘つき上司が上手く上に報告していたとしても、上の人の耳にいずれあなたが成果をあげたことが入ります。

 

嘘つき無能上司の出世もすぐに頭打ちになります。

 

また素直に、「私が成果をあげました。あの上司は自分の成果のように言っていますが。」という風に行ってみても良いと思います。

 

面食らわされた上司からは嫌われると思いますが、そういう上司からは嫌われても何も問題ありません。そういう上司は上まで出世することは無く、せいぜい課長止まりだからです。

 

なので敵に回してもいいかなという覚悟で私は仕事をしていました。

 

上の人からしたら、そういう風に声を上げる若者を重宝する傾向があります。

 

最近はイエスマンも多く、それにゲンナリしている役員クラスも多いのです。

 

成果を奪う嘘つき上司を出し抜くくらいでもいいのかもしれません。

 

自分にばかり雑用や仕事を押し付けてくる上司への対策

 

「なんで俺だけこんなに仕事がある?」

「これは俺がやるべきことか?」

 

雑用や過剰な仕事量に悩まされているサラリーマンは後を絶ちません。

 

上司目線で考えると、「雑用や仕事を押し付けやすいやつ」「何かと頼みにくいやつ」の2種類の部下がいます。

 

あなたは、「雑用や仕事を押し付けやすいやつ」に分類されてしまっているんです。良い言い方をすれば絡みやすい部下であり、悪い言い方をすれば都合の良い部下になってるわけです。

 

上司にとって気軽に絡める部下というのは良いポジションかもしれませんが、都合の良いように使われてはたまりません。

 

どんだけ仕事をしたって給料は変わらないんですから、それだったら雑用なんかしない方が良いに決まってます。

 

私は、そんな上司に対して「あからさまに嫌な顔、態度をする」という対策を取ってました。

 

上司が恐れているのは、「部下からの人望が無くなっていう事を聞かなくなること」です。

 

これは上司の出世にも響くし、部署が大変なことになりますから、上司が最も恐れるのです。

 

嫌そうな顔をしたり、態度に出すことで、上司も考え直すようになります。

 

「このままではこいつは俺のいう事を聞かなくなるかもしれない」と上司は思うんです。

 

そうすることで雑用など余計な仕事を頼まれることは少なくなります。

 

そしてあなたは、「ちょっと仕事を頼みにくいやつ」に分類されるんです。

 

上司にとって絡みやすい部下で得する事はほとんどありません。時々酒をおごってもらえるくらいでしょうか。逆に言えば酒に付き合わされる。

 

そのくせ雑用などをすぐに任されるので、デメリットの方が多いいです。

 

「雑用や仕事を押し付けやすいやつ」ではなく、「何かと頼みにくいやつ」に分類されるように、上司と少しずつ距離をとっていくことをお勧めします。

 

転職=難しいし大変という偏見

 

転職するなんて珍しいことで、大変なことだと思っているサラリーマンが多すぎます。

 

一昔前であれば、終身雇用で年功序列賃金制が当たり前でしたよね。もうそんな時代は終わりつつあります。

 

あなたの勤めている会社内での評価が低くても、他の会社であればもっと高い報酬が貰えて当然なんてケースもざらにあります。

 

もっと転職を当たり前の選択肢として考えるべきです。確かに周りの同期は「転職」なんて口にしない奴がおおいかもしれません。

 

しかし、社会を見渡してみると、「条件がより良い会社に転職していくのは当たり前」という風度も広まりつつあります。

 

まずは「転職=難しい、大変そう」という偏見を無くすところからです。

 

就職活動で苦労した方も多いせいか、

 

「新しい仕事をみつける=エントリーシートや履歴書をたくさん書いて、面接も何社も受けなければならない」

「そんなに簡単にキャリアアップなんてできるものでは無い」

「リスクが大きそう」

 

このようなイメージを持っている方が多いです。

 

今の会社で働きながら転職活動なんて到底できないって思い込んでるんです。

 

実際にこれまで3社に転職してキャリアアップした私からすれば、

 

転職なんて就活と比べればかなり簡単であることを、声を大にして伝えたいです。

 

なぜなら、今は転職エージェントという無料のサービスがあるからです。

 

わからないことは転職エージェントに協力してもらおう

 

まず、転職エージェントは最後まで無料で使えます。あなたの転職が決まった場合に、転職先の会社から報酬をもらう仕組みになっているのが転職エージェント=転職仲介業者なのです。

 

希望する会社のリサーチから面接のコツまで、マメにサポートしてくれます。私も3社に転職しましたが、全て転職エージェントを使っています。無料ですから、使わないと損だと思います。

 

サラリーマンは今の会社の仕事だけでも精一杯で、転職活動をガッツリする時間なんて無いですよね。

 

そんな方こそ使ってみるべきです。

 

転職エージェントがサポートしてくれる内容は、求人の選び方はもちろん書類関係や面接のコツまで手厚く支援してくれます。転職活動のプロのアドバイスをもらえるので、転職が成功する可能性がグンと上がります。

 

またエージェントは会社の内部事情に精通しており、隠れブラックな会社や、実は離職率が高い会社の情報を事前にシェアしてくれるので、何かと得します

 

そのため「残業15時間以内の会社を希望する」など伝えておけば、それにあった求人を探してきてくれるのです。

 

転職エージェントに全部丸投げという風にはいきませんが、強い味方になるのは間違いありません。エージェントはサポートしてくれる役割なので、わからないことは何でも訪ねてOKです。

 

おすすめの転職エージェントはDODAです。

 

私はこれまで何社か転職エージェントを使いましたが、一番オススメできるのは大手のDODAです。

 

CMや広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

全国に拠点があり、待遇や年収が良い非公開の求人も多く扱っているのが特徴です。

 

そのため、好待遇な求人を探す方にオススメしたいエージェントです。

 

大手企業のグループ会社など好待遇な求人が多く、書類作成から面接のサポートまで手厚いです。

 

紹介してもらえる求人については事前にエージェントがしっかり審査していますので、労働環境が悪いブラック企業に引っかかるリスクがありません。

 

転職活動が初めての方は、どう動いて良いのかわからない事も多いですよね。

 

エージェントに登録しておくことで、無料で質問や相談もできるので、気持ちの面でかなり楽になります。

 

また、非公開求人の中には優良求人も多くあるので、DODAを使うことで思わぬ好待遇求人に出会えることもありますよ。

 

DODAの登録方法

 

シンプルですが、まずはDODA公式ホームページの「登録する」を押して、

基本情報(連絡先、名前、住所など)を入力します。

その次に、前職の職務経歴を記入します。

 

自由記入欄については、連絡可能な日時、曜日などを記入しておきましょう。転職エージェントの担当者が、その日時に合わせて連絡してきてくれます(もしくはメール)。

 

担当者から連絡が入ったら、面談の日程を調整して、様々なサポートを受けられるようになります。

転職エージェントで求人を紹介してもらうことで、人生の選択肢がグッと増えますよ。

 

コメント