大学生の時に時給の高いアルバイト「チャットレディ」をやって月に30万稼いだ話

チャットレディ体験談

私がチャットレディをやっていたのは、大学2年生の20歳の時です。

鹿児島が地元でしたが、福岡で一人暮らしをしていたのであまりお金にも余裕がありませんでした。と言っても、最低限暮らしていけるお金は仕送りしてもらっていましたが、欲しいバッグもあったし、友達と海外旅行にも行きたかったので、お金を効率的に貯めたかったんです。

 

ネイルもしていたし、髪も明るく染めていたから、普通の飲食店でアルバイトの面接を受けた時に「ネイルを取らないとどこも雇ってくれないよ」とか言われて。

 

でも、それも嫌だったんですよね。そんな頃に、「在宅でも時給5000円」みたいなチャットレディ募集広告を目にしたのが最初ですね。

在宅でチャットレディを始めるには、パソコンがあれば簡単

私は大学に入るときにノートパソコンを買っていたので、すぐに在宅で始めることができました。ウェブカメラが付いているパソコンが必要になるんですが、最近のパソコンにはだいたい付いていると思います。

 

在宅でチャットレディを始めるときには、写真付きの身分証明書が必要なんですよね。免許証やパスポートですね。私はその時は車の免許は持っていませんでしたが、原付バイクの免許証があったのでそれで何とかなりました。

 

チャットレディって在宅でもできるし、事務所に通うこともできるんですよ。その場合は、ウェブカメラ付きのパソコンも設置されていますので、自分で準備する必要もありません。事務所に通う場合は、写真付きの身分証明書は無くても保険証でOKです。

 

チャットレディをやって月に30万稼いだ

時給は5000円くらいでした。主に、寂しがり屋のおじさんや悩みをもつサラリーマンなどを相手に仕事をしていました。

1か月、2か月くらい経つと、私のことを気に入ってくれる人も現れました。指名料ボーナスもあるので、続けていると稼ぎやすくなるんですよね。

 

週に2~3回くらい在宅で働いていました。好きな時に働けるし、家だから誰にもバレることもないのが助かりました。

「チャットレディやってる」とかって言うと、怪しいイメージを持つ人もいますけど、結構真面目なトーンで話をすることも多いんですよ。エロを求めてくるおじさんもいますけどね。

 

なんとなく悩みがあるから女性に話を聴いてもらいたいって男性は普通にいます。

そういう方の話を聴いてあげるのがチャットレディだと思っています。

 

チャットレディのビデオチャットで大変だった点はエロを求められたとき

ビデオチャットをやっていると、エロを求められる時があるんですよね。そういう時に、上手く対応できる女性ならいいんですが、私はちょっと抵抗がありました。

あまり男性経験が無かったというのもあるかもしれません。

顔出しするかしないかも選ぶことができます。経験上、顔出しした方がお客さんもつきやすいし、リピートされる子も多いですね。

でも無理することはないですよ。私も途中から顔出ししましたが、最初の半年くらいは顔出し無しでやってましたから。

 

具体的に、男性が求めてくるエロい行為は、服を脱いだり、アソコを見せたり、オナニーを求めてくるお客もいます。もちろん嫌だったら断っていいんですよ。

 

そういうのに抵抗が無ければ、やった方がいいですね。そうしたら、またリピートしてもらえる可能性もありますし、稼ぎやすくなります。

 

直接お客とエッチするわけではないので、風俗嬢よりは体の負担が少なくて済むと思います。それに、風俗は長く続けるのが難しいですよね。高時給であっても、続かないと稼げませんから、それならチャットレディをやるべきだと思いますよ。

 

エロが無理な人は、チャットだけでもいいと思います。パソコンの前で脱ぐことに抵抗が無い人は、がっつり稼げると思います。

チャットレディを続けてよかったと思うのは、優雅な生活をできること

普通の大学生がアルバイトをしていても、月に5万円を稼ぐのに必死です。

週に3~4回くらい飲食店のシフトに入ったら結構時間がとられますよね。それでも、105万円程度しか稼げません。私の周りの女友達がそうでした。

 

ですが、チャットレディであれば別格に稼げます。月30万円は安定していましたし、50万円近く稼げる月もありました。そうなったらもはや仕事ですよねw

 

でもそんな時でもシフトには週に3~4回入っているだけでしたし、在宅で働いていましたから気持ちの面では楽でした。好きな時に働けるんで、融通が利きます。

 

普通のアルバイトだと、シフトに入りたくても入れなかったり、休みたい時に出勤するように言われたりw そういうのが無いので、自分のペースで働きたい女子には向いていると思いますよ。

 

大学の友達1人にもチャットレディを勧めて、その子も始めましたけど、2か月目で30万近く稼いでいましたね。

 

お金を稼ぐために、キャバ嬢、風俗嬢、ガールズバーで働くよりは、私はチャットレディが気楽で良いと思いますよ。飲酒を強要されることもないですからね。

 

チャットレディは家に引きこもっていても稼げる

 

私はどちらかと言うと、明るいタイプではなく、家に引きこもっている方が好きなタイプです。ですので、飲食店で接客するよりは、在宅で稼げるほうがやりやすかったです。

あんまり人との関りが多いバイトはしたくないけど、稼ぎたいなーって人はチャットレディに向いていると思いますよ。

あとはお酒を飲まなくてもいいのもメリットですね。ガールズバーやキャバクラで働いている子は、出金のたびにお酒を飲んでます。お酒が好きで、強いならいいですよね。

 

基本的に平日は大学生をやっているので、お酒を夜遅くまで飲むと大学の講義に遅刻しちゃうんですよね。単位が取れなくて留年したらまずいしw

 

服を脱いだり時々オナニーを求められたりすることはありますけど、お客さんに直接触られたりすることもないので、性病をもらう心配もありません。

 

自宅で働けて、短時間でもしっかり稼ぎたい人はチャレンジしてみるべきだと思いますよ。

 

私は、ポケットワークというサイトを使っていました。

ポケットワークは業界でもかなり高い時給で有名です。

サポートも24時間体制で整っていますので、わからないことや不安なことがあれば相談して大丈夫だと思います。

やめるときもサクッと辞められるので、気を遣わなくて済みます。

 

新人でも応援してくれるキャンペーンをやってたりもするので、一度覗いてみるといいと思いますよ。

【在宅OK】【求人】【高収入】チャットレディ・テレフォンレディ募集  

コメント