29歳で転職を成功させるコツ。好条件の仕事の見つけ方とは?

20代男性の転職

29歳で転職を考える人は約10万人おり、転職市場の中でもボリュームが多い層に入ります。

「入社して5年以上経つし、そろそろキャリアアップしたい」

「今の会社に居続けても伸びしろが少ないし、転職したい」

「これまでも転職経験はあるけど、さらに別の世界も知ってみたい」

 

など転職理由は様々です。しかし、29歳の転職では注意すべき点もあります。

安易な考えで転職すると年収ダウンにもつながりますが、30歳を目前にしてキャリアアップするチャンスでもあります。できれば好条件で転職して、この先も出世していきたいですよね。

 

この記事では、29歳で転職を考えるときのコツをお伝えしてきます。

 

筆者はこれまで3回の転職を経験し、キャリアアップに成功してきました。その実体験をベースにお伝えしていきます。

 

29歳の人材に求められる能力とは?

 

会社が29歳の人材に求める能力は、「これまでの実績」、「リーダーシップ」、「ウチの会社に入ったあとに、どのうように貢献できるか」です。

 

20代の前半までは、コミュニケーション能力や人柄の良さ、素直さなどのポテンシャル(将来的に伸びる人材かどうか)が重視されています。

それと比べて29歳の人材の場合、社会人としてのコミュニケーション能力はもちろん、将来的に管理職への期待もありますので、「これまでどういう実績を出してきたのか」、「リーダーシップを発揮できる人材なのか」といった着眼点になります。

 

前職で、何か具体的に説明できる実績があったり、その際にリーダーシップを発揮したエピソードがあると強いです。実績を説明できるだけではなく、そのときにあなたがどういうPDCAサイクル(計画➡実行➡振り返り➡それを次にどう活かしたか)を意識していたのかが問われます。

 

目に見える実績も大事ですが、そこに至るまでの思考プロセスを確認されますので覚えておいてください。

 

リーダシップに関しては、後輩の教育も含まれますよ。

 

何を考えて、どう後輩を教育し、その結果チームとしてどういう結果がえられたのかが問われます。実績だけでなく、そこに至るまでの思考プロセスを整理しておきましょう。

 

リーダーとしての実績が無い場合は、プレイヤーとしてどういう視点で仕事をしていたのかが問われます。プレイヤーであってもリーダー視点で仕事をする人材は重宝されるので、そういう振る舞いをしてきたことを伝えましょう。

 

「ウチの会社に入ったらどのように貢献できるか」も重要です。

企業が求めているのは、入社後に活躍してくれて、自社に利益をもたらす人材です。

 

面接官の採用活動も仕事でやっているわけです。あなたを採用する際にはそれなりの理由が必要です。面接官は、あなたを採用する理由を上司に説明する必要があるんですよ。

 

あなたがその会社に与えることができる明確な利点を説明できたとしましょう。

すると、面接官もあなたを採用する理由を上司に説明しやすいですよね。そういう人事は面接に通ります。

 

逆にあなたを採用する明確なメリットが無ければ、面接に通すわけにはいかないのです。面接官にも上司がいます。そんな面接官の気持ちになってあげると、面接は上手くいきますよ。

 

「私はこれまでの~~な経験を活かして、御社の〇〇事業部で~~な活躍ができます。その結果御社は今抱えている~~な問題を解決することに繋がるので、私を採用するメリットはあると考えております。」

 

このような論法で話すことをお勧めします。

 

常に企業視点に立って、あなたを採用するメリットを伝えることが大切です。

 

転職先に求める条件に優先順位をつけよう

30歳を目前にしての転職は、その後のキャリアを大きく左右します。できれば好条件の会社を選びたいのは当然ですが、優先順位を考えておくことも大切です。

「年間の休日は多いけど、給料が少し不満」

「仕事内容はやりがいがあって楽しそう。だけど、転勤頻度が多すぎる」

「社風は自分にあってそう。だけど、残業が多そう」

など条件は一長一短です。100点の条件の会社があればいいのですが、なかなか好条件の求人に出会えない時もあります。

 

もたもたしてチャンスを逃すのももったいないので、優先順位を整理しておくべきです。

例えばですが、

①残業時間が少なくて土日が休みの会社(プライベートを充実させたい)

②前職より確実な給料アップ

③やりがいや仕事内容

 

このように優先順位を決めておいて、転職先候補の会社に点数をつけていくのです。

候補の会社に点数付けすることができたら、あとは実際に面接を受けてみて、会社の雰囲気にマッチすると思うところに進むのが良いでしょう。いくら条件が良くても、社風と合わないと長く続きません。

面接官を通して社風がある程度伝わってきますので、そういったフィーリングも大切にしましょう。

 

転職活動をしてみると、あなたの市場価値がわかる

実際に転職活動をしてみると、年収などの条件も提示されますから、あなたの市場価値を知ることができます。

 

「思ったより提示される給料が少ないな・・」と思うこともあれば、

「え、こんなにもらっていいの?」と思うこともあるでしょう。

 

私としては、できれば在職中に転職活動をしてみることをお勧めしています。

 

「キャリアアップして給料も上がると思ったのに、逆に低くなった・・」

このようになっては悲しいですよね。給料アップを目指して転職する人も多いですから。本末転倒です。

 

在職中であってもバレずに転職できますから、実際に転職エージェント等を通して求人票を手に入れて動いてみるべきです。

 

思ったより好条件の求人が無ければ、今の会社に在籍し続けることだってできます。

 

会社を辞めた後に、やっぱり前の会社に戻るなんてことはできませんから。どうしても今の会社が嫌だったら辞めるのもありですが、それ以外の場合は、在籍しながらこっそり転職活動をすべきでしょう。

 

転職エージェントを活用すべし

 

まず、転職エージェントは最後まで無料で使えます。あなたの転職が決まった場合に、転職先の会社から報酬をもらう仕組みになっているのが転職エージェント=転職仲介業者なのです。

 

希望する会社のリサーチから面接のコツまで、マメにサポートしてくれます。私も3社に転職しましたが、全て転職エージェントを使っています。無料ですから、使わないと損だと思います。

 

サラリーマンは今の会社の仕事だけでも精一杯で、転職活動をガッツリする時間なんて無いですよね。

 

そんな方こそ使ってみるべきです。

 

転職エージェントがサポートしてくれる内容は、求人の選び方はもちろん書類関係や面接のコツまで手厚く支援してくれます。転職活動のプロのアドバイスをもらえるので、転職が成功する可能性がグンと上がります。

 

またエージェントは会社の内部事情に精通しており、隠れブラックな会社や、実は離職率が高い会社の情報を事前にシェアしてくれるので、何かと得します

 

そのため「残業15時間以内の会社を希望する」など伝えておけば、それにあった求人を探してきてくれるのです。

 

転職エージェントに全部丸投げという風にはいきませんが、強い味方になるのは間違いありません。エージェントはサポートしてくれる役割なので、わからないことは何でも訪ねてOKです。

 

おすすめの転職エージェントはDODAです。

 

私はこれまで何社か転職エージェントを使いましたが、一番オススメできるのは大手のDODAです。

 

CMや広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

全国に拠点があり、待遇や年収が良い非公開の求人も多く扱っているのが特徴です。

 

そのため、好待遇な求人を探す方にオススメしたいエージェントです。

 

大手企業のグループ会社など好待遇な求人が多く、書類作成から面接のサポートまで手厚いです。

 

紹介してもらえる求人については事前にエージェントがしっかり審査していますので、労働環境が悪いブラック企業に引っかかるリスクがありません。

 

転職活動が初めての方は、どう動いて良いのかわからない事も多いですよね。

 

エージェントに登録しておくことで、無料で質問や相談もできるので、気持ちの面でかなり楽になります。

 

また、非公開求人の中には優良求人も多くあるので、DODAを使うことで思わぬ好待遇求人に出会えることもありますよ。

 

DODAの登録方法

 

シンプルですが、まずはDODA公式ホームページの「登録する」を押して、

基本情報(連絡先、名前、住所など)を入力します。

その次に、前職の職務経歴を記入します。

 

自由記入欄については、連絡可能な日時、曜日などを記入しておきましょう。転職エージェントの担当者が、その日時に合わせて連絡してきてくれます(もしくはメール)。

 

担当者から連絡が入ったら、面談の日程を調整して、様々なサポートを受けられるようになります。

転職エージェントで求人を紹介してもらうことで、人生の選択肢がグッと増えますよ。

 

 

コメント