【転職】20代の再就職で必要なこと3選!希望の転職を成功させるコツとは

20代男性の転職

最近では20代の方でも再就職を考える方が増えています。

最初に入った会社があなたにピッタリとは限りません。むしろその可能性は低いです。

日本ではみんな同じように就職活動を行い、なんとなく内定をもらった会社に入社するのが普通だからです。入社前に色々と会社を調べていたとしても、イメージ通りの会社、仕事なんてほとんどありません。だいたいちょっとイメージと違うことが多いんです。

一昔前であれば、「一度就職した会社で一生勤めあげるもの」という偏見が強かったですが、今はもうそんな時代ではありません。

その頃の転職活動と言えば、電話帳をめくって会社に電話をかけて、面接の日程を調整していたわけですから大変ですよ。そんなに大変なことをするくらいだったら、同じ会社に一生勤める方がマシと考える人が多かったんです。

今は違います。ネットもあるし、転職支援サービスなんかも充実してますから、転職のハードルが下がり続けています。それに早く気付いている人は、次々に自分に合った条件の良い会社に移っているわけです。

そこで今回は、転職を成功させるコツを記述していきます。私はこれまで3回転職しておりますので実体験をベースにお伝えしていきます。

面接は自己アピールの場!どれだけ会社に貢献できるか伝えよう

 

大前提として、面接はあなたを会社に売り込むアピールの場です。

面接官の仕事は会社に有益な人材を確保することなんです。

面接官はいつも考えています。

「この人を採用したらどんなメリットがあるんだろう。上司にもこの人を採用した理由を説明する必要があるし、この人を採るメリットを見抜かなければな。逆に、この人を採ってすぐに辞められたりしたら俺の失態だし、そこもしっかり判断しないとな。」

面接官も仕事で採用活動をやってるんですよ。これを忘れてはいけません。

ポイントは、

・あなたがこれまでやってきたことと、それがその会社にどういうメリットをもたらすことができるのか

・今その会社がどういう問題、課題を抱えていて、あなたの○○な能力があれば、それを解決できることを伝える

このようにあなたのやってきたことと、採用する会社のメリットを提示してあげる必要がります。

そして面接官が、「この人を採用したらウチにメリットがあるぞ。上司も喜ぶだろう」

というイメージが湧いたらあなたは採用されるんです。

面接の本質はここにあります。

逆に面接官はリスクも考えるわけですよ。あなたに辞められたら、選んだ面接官の責任になります。サラリーマンは責任という言葉が嫌いです。

「この人はウチの会社だったらマッチするだろうし、続けてくれるだろう」と思ってもらえるような発言をしていくんです。

転職しようと思っている理由は必ず聞かれます。

「前の会社も辞めてウチに来ようと思っているみたいだし、またすぐ辞めるんじゃないか」

面接官はそういう心配をしてますので、不安を取り除いてあげる必要があります。

転職しようと思う理由に関しては深堀りされると思いますので、矛盾が無いようにあらかじめ考えておきましょう。

自分の市場価値に合った年収を希望しよう

 

どうせ転職するなら年収もアップさせたいですよね。

「前職が年収500万もらっていたから転職先もそれ以上じゃないと断ろう」なんて考えていると痛い目を見ます。

前職の会社での評価システムと、あなたの市場価値は別物です。

実際に転職してから年収がアップした人も居れば、ダウンした人もいるのが現実です。

年収は数字なので目につきやすいですが、年収ばかりに固執するのはおすすめできません。

この記事でも紹介しますが、転職エージェントにサポートしてもらうと、あなたの市場価値を客観的に判断できます。

年収以外にも、あなたに合った仕事か、労働環境はどうかなどもエージェントに協力してもらうことで見えてきます。

長く働ける会社、仕事を見極めよう

 

できれば条件の良い会社で長く働けるのが理想ですよね。

中には、「どんどんキャリアアップしていきたいから同じ会社には長くて3年までしか居ない」と決めている方もいますが、長く居ても悪くない会社を選ぶことは大切です。

長く居続けても悪くない会社にはいくつか条件がありますが、

・労働環境がブラックではないこと

・あなたに合った仕事で、続けていて苦痛ではないこと

・給与や福利厚生などもしっかり整っていること(長い目で見ると重要)

 

会社選びに直感は大切

 

求人票をみたり会社をリサーチしていると、直感的に「この会社いいかも!この仕事やってみたい!」と思うことがあります。

そういう直感を大切にして下さい。

もちろん労働条件なども調べないと判断できませんが、直感はあなたを良い方に導いてくれると思っています。

とは言え、求人票もどこから探せばいいのか、何から始めたらいいのかわからないと思います。

転職初心者は、是非一度、転職エージェントを使ってみる事をお勧めします。

 

わからないことは転職エージェントに協力してもらおう

 

まず、転職エージェントは最後まで無料で使えます。あなたの転職が決まった場合に、転職先の会社から報酬をもらう仕組みになっているのが転職エージェント=転職仲介業者なのです。

 

希望する会社のリサーチから面接のコツまで、マメにサポートしてくれます。私も3社に転職しましたが、全て転職エージェントを使っています。無料ですから、使わないと損だと思います。

 

サラリーマンは今の会社の仕事だけでも精一杯で、転職活動をガッツリする時間なんて無いですよね。

 

そんな方こそ使ってみるべきです。

 

転職エージェントがサポートしてくれる内容は、求人の選び方はもちろん書類関係や面接のコツまで手厚く支援してくれます。転職活動のプロのアドバイスをもらえるので、転職が成功する可能性がグンと上がります。

 

またエージェントは会社の内部事情に精通しており、隠れブラックな会社や、実は離職率が高い会社の情報を事前にシェアしてくれるので、何かと得します

 

そのため「残業15時間以内の会社を希望する」など伝えておけば、それにあった求人を探してきてくれるのです。

 

転職エージェントに全部丸投げという風にはいきませんが、強い味方になるのは間違いありません。エージェントはサポートしてくれる役割なので、わからないことは何でも訪ねてOKです。

 

おすすめの転職エージェントはDODAです。

 

私はこれまで何社か転職エージェントを使いましたが、一番オススメできるのは大手のDODAです。

 

CMや広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

全国に拠点があり、待遇や年収が良い非公開の求人も多く扱っているのが特徴です。

 

そのため、好待遇な求人を探す方にオススメしたいエージェントです。

 

大手企業のグループ会社など好待遇な求人が多く、書類作成から面接のサポートまで手厚いです。

 

紹介してもらえる求人については事前にエージェントがしっかり審査していますので、労働環境が悪いブラック企業に引っかかるリスクがありません。

 

転職活動が初めての方は、どう動いて良いのかわからない事も多いですよね。

 

エージェントに登録しておくことで、無料で質問や相談もできるので、気持ちの面でかなり楽になります。

 

また、非公開求人の中には優良求人も多くあるので、DODAを使うことで思わぬ好待遇求人に出会えることもありますよ。

 

DODAの登録方法

 

シンプルですが、まずはDODA公式ホームページの「登録する」を押して、

基本情報(連絡先、名前、住所など)を入力します。

その次に、前職の職務経歴を記入します。

 

自由記入欄については、連絡可能な日時、曜日などを記入しておきましょう。転職エージェントの担当者が、その日時に合わせて連絡してきてくれます(もしくはメール)。

 

担当者から連絡が入ったら、面談の日程を調整して、様々なサポートを受けられるようになります。

転職エージェントで求人を紹介してもらうことで、人生の選択肢がグッと増えますよ。

 

コメント