20代の契約社員と派遣社員は30歳までに正社員になるべき理由

20代男性の転職

定期的に話題に上がるのは、派遣社員や契約社員の雇用問題です。

長時間労働や人間関係が辛いこともあり、正社員ではなく派遣や契約社員として働く道を選ぶ20代も増えています。

正社員であれば長時間の残業も我慢しなくてはいけないし、人間関係が嫌になってもすぐに辞めることは容易ではありません。その点、派遣や契約社員は業務内容も決まりきっていることが多いので、長時間労働を強制されたり、仕事内容のプレッシャーも比較的少ないのが利点と言えます。

 

もちろん職場の環境によりますが、派遣や契約社員の場合は、「もし、人間関係に耐えられなくなったり業務が合わないと感じたら次の職場を探せばいい」というフットワークの軽快さもメリットと言えますね。

 

特に安定した企業の契約社員であれば、労働環境やコンプライアンスもしっかりしているでしょう。

 

契約社員は、「社会保険がしっかりしたフルタイムのバイト」という位置付けでしょう。

 

「正社員は辛かったけど、契約社員になって気持ちの面でも楽になった」

「正社員と比べて給料は安いけど、プライベートも大事にできるし落ち着く」

このようなプラスの意見がある一方で、

 

「契約社員が切られていたし、年齢を重ねるに連れて将来が不安」

「給料も上がっていかないのが不満だけど、正社員はきついし戻りたくない」

というマイナスの意見も見受けられます。

 

私は複数の会社の人事部門を担当してきました。そんな私から言わせると、契約社員は会社にとって都合の良い人材であることが否めません。

表面上は社会保険もしっかりして、長時間労働も無いし悪くないように見えるかもしれません。しかし、人員削減の際には真っ先にターゲットになりますし、昇給だって無いですよね。

 

「できるだけ安く働いてもらいたい、でも文句を言われても困るから最低限の社会保障は完備しておこう」というのが会社の本音なんです。

 

これからの時代、まだ20代の方は早めに正社員になるべきだと考えています。

キャリアが無いまま30歳を超えるのは、リスクが高いからです。

 

この記事では、なぜ20代のうちに正社員になるべきかをお伝えします。

契約社員は悪く言えば使い捨て。雇用は守られない

契約社員の場合はアニュアル化された仕事を任せるケースがほとんどです。事務作業、コールセンター、現場オペレーターなど、どの仕事も数週間もすればマニュアル通りに仕事をできるようになることが多いですよね。

 

逆に言えば、あなたが居なくても別の契約社員に数週間で仕事を覚えてもらうことも可能なわけです。

会社からすれば、とにかく安く人材を使いたい仕事に契約社員を充てている傾向があります。

正社員であれば仕事の幅もあり、色々と学べる機会が多いです。会社の教育もしっかりしていますから身につくスキルも多く、仮にその会社を転職したとしても他社で採用してもらえる可能性が高いです。これは非常に大きな点だと思います。

 

正社員はその会社を辞めたとしても、キャリアアップして好条件で他社で雇ってもらえるケースが意外に多いです。

契約社員の場合は、年齢に関係なくマニュアル化された仕事で使い捨て要因です(言い方が悪くてすみません)。

 

経営方針の変更や、人員削減の話になれば、まず切られるのが契約社員なのです。

会社が安定しているように見えても、不祥事で業績が悪化したり景気に左右されることはよくあります。

 

また、契約社員が口うるさくなって目障りだから、人員を入れ替えてしまう会社だって存在しています。どうせ同じ仕事内容を任せるんだったら、若くて口答えしない人材の方が扱うのが楽なんですよ。

 

現実を見ると、契約社員は「力が弱い身分」なんです。日本でそういう風潮がある以上、簡単に変わるものでもありません。

 

正社員と比べてプレッシャーが少ない代わりに守られない立場、それが契約社員の実態なんです。

20代のうちに正社員を目指そう

なぜ20代のうちに正社員になるべきかと言うと、30を超えると一気に正社員へのハードルが上がるからです。

結婚していない方だと、

「このまま契約社員でもいいかな」って思う時もあるでしょう。

なんとなくぬるま湯に浸かっていたい気持ちはわかりますが、正社員になるには20代が有利なので早めに動くに越したことはありません。

 

日本では年齢による差別が残っており、また、契約社員での職歴が長いと面接でも突っ込まれます。

30を超えて正社員になろうとすると、

「今まで何してたの?」と言われかねません。

20代のうちだと、まだ何となく甘く見てもらえるような風潮があります。

 

ホワイト企業で正社員を目指すべき

 

「正社員は残業も多くて責任もあるからしんどい・・・」

そういうイメージを抱いている方もいるでしょう。ですが、そう決めつけるのは早いと思います。

正社員でも労働環境が良くて、プライベートの時間もしっかり取れるような会社を選べばいいんです。

 

「ブラック企業が多い世の中なのに、そう簡単にいくわけないよ・・・」

確かに1人で転職活動をするとなると、ブラック企業の見抜き方や、好条件企業の探し方など、わからないことが多いでしょう。

 

そんなときは、転職エージェントを使っての転職活動をオススメします。20代なら好条件の正社員への応募資格もありますから、働きながら今のうちに転職活動を始めるべきです。今の会社にバレずに転職活動を行うことは簡単です。

 

まずはエージェントを使って求人情報収集からスタートです。

 

転職エージェントを活用すべし

 

まず、転職エージェントは最後まで無料で使えます。あなたの転職が決まった場合に、転職先の会社から報酬をもらう仕組みになっているのが転職エージェント=転職仲介業者なのです。

 

希望する会社のリサーチから面接のコツまで、マメにサポートしてくれます。私も3社に転職しましたが、全て転職エージェントを使っています。無料ですから、使わないと損だと思います。

 

サラリーマンは今の会社の仕事だけでも精一杯で、転職活動をガッツリする時間なんて無いですよね。

 

そんな方こそ使ってみるべきです。

 

転職エージェントがサポートしてくれる内容は、求人の選び方はもちろん書類関係や面接のコツまで手厚く支援してくれます。転職活動のプロのアドバイスをもらえるので、転職が成功する可能性がグンと上がります。

 

またエージェントは会社の内部事情に精通しており、隠れブラックな会社や、実は離職率が高い会社の情報を事前にシェアしてくれるので、何かと得します

 

そのため「残業15時間以内の会社を希望する」など伝えておけば、それにあった求人を探してきてくれるのです。

 

転職エージェントに全部丸投げという風にはいきませんが、強い味方になるのは間違いありません。エージェントはサポートしてくれる役割なので、わからないことは何でも訪ねてOKです。

 

おすすめの転職エージェントはDODAです。

 

私はこれまで何社か転職エージェントを使いましたが、一番オススメできるのは大手のDODAです。

 

CMや広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

全国に拠点があり、待遇や年収が良い非公開の求人も多く扱っているのが特徴です。

 

そのため、好待遇な求人を探す方にオススメしたいエージェントです。

 

大手企業のグループ会社など好待遇な求人が多く、書類作成から面接のサポートまで手厚いです。

 

紹介してもらえる求人については事前にエージェントがしっかり審査していますので、労働環境が悪いブラック企業に引っかかるリスクがありません。

 

転職活動が初めての方は、どう動いて良いのかわからない事も多いですよね。

 

エージェントに登録しておくことで、無料で質問や相談もできるので、気持ちの面でかなり楽になります。

 

また、非公開求人の中には優良求人も多くあるので、DODAを使うことで思わぬ好待遇求人に出会えることもありますよ。

 

DODAの登録方法

 

シンプルですが、まずはDODA公式ホームページの「登録する」を押して、

基本情報(連絡先、名前、住所など)を入力します。

その次に、前職の職務経歴を記入します。

 

自由記入欄については、連絡可能な日時、曜日などを記入しておきましょう。転職エージェントの担当者が、その日時に合わせて連絡してきてくれます(もしくはメール)。

 

担当者から連絡が入ったら、面談の日程を調整して、様々なサポートを受けられるようになります。

転職エージェントで求人を紹介してもらうことで、人生の選択肢がグッと増えますよ。

 

コメント